feature-top

アメリカ最も古い思われる人類足跡化石アメリカニューメキシコホワイトサンズ国立公園発見

足跡2100023000もの考えられおり考古学者たち人類これまで考えられよりずっと以前アメリカ到達こと示す証拠いる

化石調査国立公園アメリカ地質調査所ボーンマス大学アリゾナ大学コーネル大学専門たち

足跡ホワイトサンズ国立公園アルカリフラット呼ばれる乾燥あり国立公園資源管理デヴィッド・ブストス最初発見

足跡化石乾いいる見えないブストス地表湿っいる見つけいう

2016この足跡人類ものあること確認アメリカ地質調査研究たち放射炭素使っ化石年代調べ

そして地層残さ植物から化石2100023000ものあることわかっ

発見足跡10若者子どもたちものだっ一部大人思われる足跡ありマンモス巨大ナマケモノダイアウルフなど足跡見つかっいう

ボーンマス大学サリーレイノルズ博士人類交流ことわかりますそしてマンモス巨大ナマケモノなど絶滅動物ことからこの場所人類動物共存考えられます述べいる

研究たち長年人類アメリカ到達調べこの足跡化石解く重要手がかりなるかもしれない

人類最初アメリカ到達時期について様々ある

ネイチャーよるアメリカ最古石器文化あるクローヴィス文化などから1100013000という長年有力

その一方メキシコ洞窟発見遺跡による調査から近年3人類アメリカ居住主張する研究結果発表いる

今回調査こうした新た裏付けるものなる可能ある

国立公園ダン・オデス博士ホワイトサンズ国立公園化石最終極大人間アメリカ存在ということ示す明確証拠ですすべて遺跡発掘現場このようはっきり証拠残っいるわけありませ述べいる

研究結果学術サイエンス923掲載

This is the title
This is the content
Ok
Cancel