feature-top

 子どもころ受け暴力被害心身深い刻み込みその後人生大きな落としますこの問題詳しい精神白川美也子さん聞きまし

     

 日本女子男子までちかん写真撮影など含む何らかの被害受けいるというデータ日本科学情報センター子ども家族健康 調査報告あります被害決して特異ことありませ全国児童相談相談寄せられるから性的虐待年間です氷山一角思わますまた家庭被害より家庭被害多く米国割合です

 これまで多く被害まし被害受け子ども思春なっ問題行動起こすこと少なくありませ悪影響生涯にわたることありますそれつらい体験こと癒えないいわゆるトラウマ心的外傷受けるからです

 被害とき記憶五感感情認知思考などそのときまま冷凍保存なるべく思い出さないようしまわます解離呼ばれるものです

 その後当時記憶無意識よみがえるフラッシュバック体験感じなくいいようさまざま感覚自分から切り離す麻痺まひ神経高ぶっ状態続く覚醒症状としてます

 性的被害続く深刻複雑慢性トラウマなります幼いとき出来事周囲そのつら受け止める環境なけれ複雑トラウマ受けよう状態なります

 日常繰り返されるトラウマ場合解離麻痺強くますいずれ自分守ろとして起こるものですその結果として気持ち行動コントロールできなくなります怒り身近いる爆発たり自分自身向けたり自殺念慮ほか自己破壊行動援助交際など行動衝撃危険求める行動自ら進んとること珍しくありませ

 また細かいこと覚えいる一方記憶すっぽり抜けたりすること起こります頭痛腹痛から始まり全身痛みなど身体症状出ることあります信じることできなかったり相手限界あること認められ制限期待押しつけたり加害被害繰り返ししまう対人関係持ちやすくなります

 実は自身ころとき被害受けますトラウマ受け多く当事者汚れしまっなど深い意識持ちます症状問題行動発展するさまざま感情根源なりますそれ体験から言えることです

 当事者方々恥ずかしくなんかないあなたちっとも悪くない伝えたいそしてそれ社会共通認識なくいけませ助け求めるきちんと応えいくこと被害支えるとともに社会全体安心つながります編集委員大久保真紀

朝日新聞デジタル 20191202 0924

関連ニュース

抵抗でき無罪 広がるデモ犯罪憤り

被害遭っ小3あの 家族ケーキ囲むまで

レイプ周り社会勉強なっ思ったら

必死抵抗女性義務 法律潜む差別意識

暴力無罪なる 司法判断根底差別

This is the title
This is the content
Ok
Cancel