feature-top

痛ましい児童虐待事件続いいる

昨年目黒奪わ5ちゃんそして今年千葉野田虐待亡くなっ10ちゃんまた最近札幌2女の子衰弱母親交際相手逮捕いる女の子体重2歳児平均大きく下回っいう

年間虐待件数13超えそのうち死亡49主たる加害もっとも多い実母全体61占めいるいう

そんな児童虐待について考える必ず言っいいほど思い出すあの事件

2010大阪マンション子ども置き去り死なシングルマザー逮捕事件クーラーつけない部屋飢え渇き果て幼い子ども亡くなっというあまりに痛ましい事件日本人々痛めそうして母親A猛烈バッシング晒さ風俗働いことホスト通いなどことさら強調など騒が

そんな喧騒ながら思っもちろんAこと絶対許されることないしかしなぜ彼女だけこれほど責められるだろ彼女周り大人たちなぜこれほど免責れるだろ

この事件もっとも疑問思うなぜ幼い未熟すぎるA預けられということなぜ周り大人たちそれでよしなぜほとんど働いことない20前半彼女養育もらわサポートなく31子ども自身生活稼ぎながら子育てできる思っ――。

離婚原因彼女浮気だっそのことにおいて彼女責められるべきことあっだろしかしそれと子ども安全まったく問題ある彼女まるで厄介払いでもれるよう子どもとともに出さ

そのみれ結局自分実家泣きつくだろという思いあっかもしれないA頼れるなかっだからこそ彼女すぐ現金られる仕事として水商売風俗流れいくしかし危機すぐ訪れる子ども出ししまっ連絡熱血漢ラグビー指導として知られる父親この父親子どもインフルエンザかもしれないので面倒ほしい助け求め言わ仕事ある断っいる

のちそのこと父親裁判こと言っ無理勝手こと言うという気持ちあっ語っいるまたそうやっ突き放すこと成長するというようこと語っいる典型根性奪うことつながっしまっ彼女父親態度によって助けくれないという思い募らいっから

一方A子どもいっ母親精神不安定頼れるよう状況なかっいう

事件について詳しく取材ルポ 虐待 大阪置き去り事件』(杉山ちく新書)よる離婚するまでAびっくりするほど真面目子育ていう自身浮気からあっさり離婚決まっしまう話し合い両親自身父親父親交際相手彼女子ども育てること決まっしまう

彼女裁判その育てられない言っ述べいるまできちんと働いことない協力あっからやってこことわかっからしかし母親から引き離すことできない言わいうそのから言わそう

育てられないということ母親として言っいけないこと思い直しまし自分ひどいこと言っ思いまし

この瞬間幼い運命ほぼ決まっそうして放り出さ若い母親子ども彼女以下よう誓約書かいる

子ども責任もっ育てます 借金しっかり返しいきます 自分こと我慢でも子ども不自由思いませ 家族甘えませ しっかり働きます 逃げませ うそつきませ 仕事ませ 連絡いつでもとれるようます

こうしてすべて退路断たそれから少し子ども変わり果て姿発見れる

親子半年住ん部屋越し以来ゴミ出しない状態だっいう彼女子ども置き去りするずっとからもう修復できないほど壊れかもしれない

ここまで大阪事件について書い理由ある

それ小説つみびと読んから著者山田詠美山田詠美この事件モチーフ小説書くこと意外思っだけないはず灼熱彼女なぜ置き去りそんな言葉躍る本書ページ開い最後ほとんど一気読み読み進めるあまりに苦しかっけれどどう止まらなかっ

小説それぞれ視点から進んいく若いシングルマザーその母親そして置き去りれる小さきたち

小さきたち母親大好きだけど小さきたちから見える母親いつもいろいろたち怒らなじらいるそんな母親いつも逆立てようなりその去ることしかできないその後泣き時にざげんな毒づきそして時に駄目なあ人生呟く

そんな外出きり期間どんどん延びいく経過小説丁寧描かれる置いいく食事お菓子などだんだん腐りにくいものなっいく母親子どもたち一緒食事とること一緒風呂入ることなくなっいくやっと戻っ思っ着替えだけバッグつめ慌ただしくいっしまう

やっほんとやっもう! でももうどうならないもうどうにもなんない言いながら

小説生育細かく描かれるなぜ母親捨てその背景いく母親大きな抱えいることわかる

もちろんどんな背景あろとも子ども置き去りすること許されることないしかしそしてAここまで孤立ものなん

A裁判区役所連絡取る助けもらお思いませでし問わ答えいる

思いませでし助けくれない思っまし助けくれそう思いつきませでし

A泣きながら役所電話かけいる大阪行く名古屋働い子ども面倒られないから預かっほしいそんな申し出だっすでに担当帰っあとA児童相談電話番号伝えられそこ電話するまでつらかっしんどい気持ちわかります一度ください言わそう具体来所日時指定段取りについてなかっこれ受けAやっぱり助けくれない思いまし裁判語っいるよるその後携帯留守電メッセージ入れそうしかしA電話折り返すことなかっ

ルポ 虐待よる事件発覚名古屋事例検証委員設けられいる委員職員全体危機意識向上など示し現場職員困惑気味こう言っいう

でもそれ時間体制難しい予算充実ないたち通常業務精一杯です

予算ない人手ない

このなるたび幾度この言葉聞いだろ少なくとも貧困問題かかわり始め13からずーっといるそれなのに予算人手少しでも増えなんてとんと聞かない虐待件数これほど増加続け社会関心これほど高まっいるいうのになぜここ大胆予算使わ戦闘手軽使わしまうだろ

そんなこと考えふと思う政権姿勢ついことあるごと家族大切強調するわけそもそも彼ら虐待事件起こしたりする人々最初から国民カウントないないだろ?

はからずも池袋高齢ドライバー官僚による無残事故受け上級国民という言葉話題なっいる

それ思う政権家族という家族限りなく上級国民近いものよう思えくる形態経済成長時代標準世帯正社員専業主婦子どもみたいモデル家族もちろんその夫婦別姓など論外浮気など起こりない子供絶対ひきこもらないによる虐待なんて起こりないというようしかし現実様々困難あるそしてそのためこそ政治存在するわけある政権虐待貧困極端冷淡姿勢いるそもそもそういうあらかじめ国民カウントない仕方ない

例えば13子ども貧困対策成立時期からずーっと続いいる生活保護基準削減それ子どもいる世帯もっとも大きな打撃与えるものあるそういった現実見るにつけ子ども貧困対策対象生活保護世帯子どもカウントない思う

また政権特徴として母性強調するところ指摘する多い例えば18萩生田幹事代行03歳児赤ちゃんパパママどっち好き聞けどう考えってママいい答える決まっいる育児とか言っ子どもにとって迷惑かもしれない語っいる萩生田だけなく政権母性神話信奉色濃くられまた安倍政権始まっ3抱っこ放題打ち出さ時代子育て基本ってどんだけ時代逆戻りせる失笑買い

このよう言説笑い飛ばせる強いかもしれない

母親たるもの母性さえあれどんな困難でも乗り越えられるという呪い時に女性塞いしまう置き去り事件Aいい母親あろこだわりすぎことひとつ原因言わいる彼女信じるいい母親いること彼女かなり部分支え母親たるものこうなけれならないというプレッシャーがんじがらめなっそしていい母親られなくなっ瞬間彼女あっという間に壊れいっ

しかしその母親から降りることできれ子どもたち死な済んよう思う政権決してそれ許さないだろ母親たるものそんな試練耐えられなくなん彼女なじるだろ具体助け求められ断るのにその出さないのに根性だけ励まし続けより追い詰めいくよう手法使っまるでA父親よう

つみびと母親以下よう思う描写ある彼女自身過去子ども置き去り過去持つ

自分捨て事実だけ取り上げれ同じ残酷非道行い思われるでも後先考え逃げ出しから子供たち死なさすんそしてすべて引き受け子供たち死んしまっ

大阪置き去り事件についてこれまで書いだろ

それほどこの事件こだわっしまうそれどこ自分そうなっっておかしくないという思いあるから40なっ作家活動という肩書き時にそうこと言ったり書いたりいるけれどA同じ年代だっもし妊娠出産たら彼女落ち同じはまっっておかしくない思う

Aだけないネットカフェ出産死産そのコインロッカー入れたら逮捕なんてニュースするたび思うだっかもしれないA子ども置き去り同じ20前半自分周り大人たちから愚か者厄介呆れられいる感じそんなもし小さないる浮気離婚なんてしよものならもっともっと厳しいられこと容易想像つく存在するだけ舌打ち迷惑がら親族よう扱われれ扱われるほど素直助けなんて求められなかっだろ周りすべてしか思えなくなるだろそれどれほど心細く惨めことだろ

そして同時に思うなぜ孕ま責められ問われることないだろ

つみびとについて触れられいる

あの事件から来年ちょうど10

今年灼熱やってくる

なるたびあの子どもたち思い出すだろ

記事2019612マガジン9掲載記事

485つみびとから大阪置き去り事件思う雨宮

より転載まし

This is the title
This is the content
Ok
Cancel