feature-top

513現地時間スラックSlack投資向け説明参加ウォール街アナリスト同社引き続き高い成長280ドル規模企業コミュニケーション市場可能期待られることなっ

スラックニューヨーク証券取引直接上場ダイレクトリスティングによるIPO620予定いる伝えられ

スラックIPOどのよう評価得る今後次第同社評価直近資金調達71ドル7800達しだが同社上場申請現在評価137ドル超える記し

最も重要ソフトウエアカテゴリー1つとなる可能ある同社CFOアレン・シムAllen Shimプレゼンテーションアナリスト語っプレゼンテーション同社CEOスチュワート・バターフィールドStewart Butterfield新た就任最高製品責任タマル・イェホシュアTamar Yehoshuaはじめ同社トップエグゼクティブ出席

また同社610発表予定2020年度1四半期見通し発表

上場申請よる売り上げ13380ドル13480ドル前年同期8090ドルから66なる見通し

一方営業損失前年同期2630ドルから3840ドル3940ドル膨らむいる

スラックウォール街プレゼンテーション資料みよ

原文BI PrimeThese are the slides about Slack's spending, sales and customer growth that the CFO is betting its IPO on

翻訳編集増田隆幸

This is the title
This is the content
Ok
Cancel